色々な医薬品はすべて通販サイトで買えます。

Woman at home looking stressed
sad woman

人気の種類とは

妊娠作用を抑制してくれる医薬品として、低用量ピルをよく利用される人がたくさんいらっしゃいます。性行為に関しては主にコンドームがよく避妊具として利用されますが、コンドームをつけても流石に不安な気持ちになる方も多いと思いますので、そんな時にこそ低用量ピルを是非使ってみてください。もちろん低用量ピルを使ったからといって100%の避妊を保証するわけではありませんが、使わないよりかは全然低用量ピルは使った方が良いです。では今回は便利な低用量ピルに存在する様々な種類を教えていきましょう。実は低用量ピルというのは一つだけではなく、色んな種類があって、人によっては使い分けるようにすればOKです。簡単に言えば、高容量ピルと中用量ピルという大まかな種類があり、一番ポピュラーなのが低用量ピルになります。そしてさらに低用量ピルだけでも一相性ピルや二相性ピル、あと三相性ピルの三種類存在します。具体的な違いですが、まず一相性ピルというのは超低用量ピルと呼ばれており、他と違って唯一飲む順序を考えずに飲むことが可能です。ピルというのは実は飲む順番を守らないといけないので、そこを考えずに服用できるのは大きなメリットでしょう。二相性ピルや三相性ピルよりも圧倒的に利用されているので、もし低用量ピルを選ぶ際には飲みやすい一相性ピルがとてもおすすめです。ちなみに副作用をどうしても気にしてしまう場合は、総ホルモン量の少ない三相性ピルを飲むようにすれば間違いありません。